歴史ポッドキャスト

Bardr mac Imair

Bardr mac Imair

Bardr mac Imair(c。873-881CE、別名Barid mac Imair、Barith、Baraid)は、アイルランドでUi Imair王朝を創設したバイキング王Imair(Imar、Ivan)の息子であるダブリンのバイキング王でした。イマールの死後、バルドルはダブリンで王となった。彼はアイルランドの修道院や他の宗教施設に対する軍事作戦に従事し、ダブリンに持ち帰られた略奪のためにさまざまなコミュニティを襲撃したことで最もよく知られています。彼は、ミュンスター王国に対する西暦873年の襲撃に基づいて、バイキングの海王として知られています。

彼は、ミースのダンリークで、さまざまな情報源に応じて、聖キアランまたは聖キアランの礼拝堂を襲撃した後、西暦881年に亡くなりました。彼の死は、略奪のために聖地を冒涜したことでバルドルを罰した神と聖人の行為に起因していました。 Bardrは、名前のない王に引き継がれ、その後、彼の基本的な方針を継続した彼の兄弟Sichfrith mac Imair(c。883-888CE)に引き継がれました。

彼の伝記作家はアイルランドの僧侶や聖職者であり、彼らの教会や修道院への襲撃に関してのみ彼に注目したため、バルドルの生涯についてはほとんど知られていません。彼について入手できる小さな情報は、彼を一貫して「偉大なバイキングの暴君」として描写していますが、これは、自分のライフストーリーが敵によって書かれている場合に予想されます。それでも、アイルランドの年代記で言及されている他の北欧の指導者は、残忍な略奪者として一貫して描かれていないため、バルドルは聖職者が主張するほど冷酷だった可能性があります。

アイルランドのヴァイキング

ヴァイキング時代のアイルランドのさまざまな年代記は、侵略者にとって決してお世辞ではありません。正当な理由があります。ヴァイキングは、西暦795年に始まり、修道院の島レクル(ラスリン)の解任と焼却でアイルランドの生活を混乱させました。西暦798年に、最も尊敬されている修道院の遺跡の1つであるセントパトリックス島が破壊されました。バイキングの襲撃は、ほぼ毎年、西暦842年まで続きます。ただし、この日付は、ダブリン王国のバイキング王国の台頭と海外からのアイルランドへの襲撃の減少に対応しているため、バイキング襲撃の終了としてのみ受け入れられることに注意してください。それは、バイキングの襲撃やバイキングとアイルランド人の間の敵対行為の終わりを意味するものではありません。

ヴァイキングは、西暦793年にリンディスファーン修道院への血なまぐさい襲撃で最初にイギリスを襲い、同時にアイルランドの遺跡を襲撃しながら攻撃を続けました。彼らの修道院の選択は、おそらく宗教の違いとはほとんど関係がなく、豊富な略奪と食料への容易なアクセスと関係がありました。修道院や修道院はしばしば海岸沿いにあり、海からのストライキに身を貸していました。

歴史が好きですか?

無料の週刊メールマガジンにサインアップしてください!

初期の襲撃はイギリスとアイルランドへの迅速な進出であり、ヴァイキングは1隻か2隻の船で素早く攻撃し、盗品を持って出発しました。しかし、西暦807年までに、彼らはより多くの船とより大きな派遣団を巻き込んだ高度に協調した努力に従事していました。西暦811年から822年の間に、彼らは北のスライゴ沖のイニッシュムーリーから極南のコークまで修道院を略奪し、燃やしていました。

彼らの目標は、持ち運び可能な略奪や食料から、奴隷制や身代金として家族に売ることができる捕虜へと進んでいました。この同じパラダイムは、以前はそれらが作られた貴金属とそれらを飾っていた宝石のために盗まれたように見える教会や修道院から取られた宗教的遺物で保持されていましたが、現在は身代金を払われています。

襲撃はデリー(833 CE)とグレンダーロッホ(834と836 CE)への攻撃を続け、僧侶たちは今では有名なラウンドタワーを建設するようになりました。これらの構造物は、はしごでアクセスできる1階上の出入り口で建てられました。バイキングの襲撃が差し迫っているように見えたとき、僧侶たちは神聖な本や遺物を持ってラウンドタワーに逃げ、はしごを引き上げることができました。タワーの各フロアにもはしごでのみアクセスでき、下のフロアが危険にさらされた場合、これらの各フロアを次のフロアに運ぶことができました。

バイキングの襲撃者はすでにアイルランド人の生活に大きな影響を与えていましたが、彼らはまだアイルランド全体に侵入していませんでした。学者のドンチャードオコレーンは、「837年以前のアイルランドの記録では、バイキングの名前はなく、9世紀半ば以前の王もいませんでした。彼らは端にとどまりました。航行可能な水域から30kmを超えることはほとんどありません」(Sawyer、87)。これはアイルランド人が慣れ親しんだパラダイムでしたが、それは変わりつつありました。

ロングフォアはバイキング船を保護するためだけでなく、陸上攻撃からの防御のためにも作られました。

NS アルスター年代記 アイルランドでバイキングが越冬した最初の年として840 / 841CEを記録し、最初のバイキングロングフォア(海軍基地)が出現しました。ロングフォアはバイキング船を保護するためだけでなく、陸上攻撃からの防御のためにも作られました。のエントリ 年代記 西暦841年からダブリンでのロングフォアが報告され、西暦842年には、「異教徒はまだドゥイブリンにいる」(842.2)と書かれています。現在、ヴァイキングは特定の季節だけでなく、自由に襲撃することができ、アイルランドのイーネール王朝の土地に対して自由に襲撃を開始しました。

イー・ネールは、氏族の北と南の支部から交互に選ばれたタラの上級王の支配を通じて、アイルランドの北と南で彼らの力を強化しようとしていました、そして彼らは効果的に反撃しました。西暦848年、南イーネールのハイキングマエルセクネイルI(r。c。846-862CE、後のハイキングフランシンナの父)はダブリンでの戦闘でバイキング軍を打ち負かし、700人を殺害し、ロングフォアの集落を破壊しました。

当時のバイキング部隊は単一の指導者の下で組織されていませんでしたが、地元の指導者の命令に従ったようです。西暦849年、デンマークからの艦隊がアイルランドに到着し、そこでノース人の襲撃者に命令を下しました。デーン人とアイルランドのノース人の間の闘争は「国全体を混乱させた」と、 アルスター年代記、デンマーク人がいつかcで追い払われるまで。西暦852年。しかし、デンマーク人が去った後、アイルランドの風景を永久に変える新しい人物が到着したため、ノース人は以前の襲撃を再開する時間が与えられませんでした。

アムライーブ・コーヌングの到来

ノース人がアイルランドで襲撃を行っている間、他のバイキング軍はイギリスやスコットランド、その他の地域の他の場所で働いていた。西暦853年、アムライブ・コヌング(r。853-871CE)という名前のバイキングの王子がアイルランドに到着しました。彼の名前は王アムライブを意味し、彼は時々オラフと呼ばれ、バイキングの海王オラフ・ザ・ホワイトと関連付けられています(この主張は異議を唱えられていますが)。

彼が誰で、この時間以前に何をしたかは不明ですが、彼は明らかに強力な人物でした。ノース人は即座に彼の支配に服従し、アイルランド人は彼に敬意を表することを余儀なくされました。アムライブは年代記では「レイスリンドの王の息子」と呼ばれ、これは北欧のスコットランドに対応すると考えられており、以前考えられていたようにノルウェーには対応していないと考えられています。

アムライーブはダブリンで最初の王としてノース人を組織し、その後イギリスでの軍事作戦に向けて出発しました。彼が西暦857年に戻ったとき、それは年表で彼の「兄弟」と呼ばれるAuisleとImairという名前の他の2人の王子(または少なくとも貴族)の仲間でした。これが彼らが血の兄弟であったのか、武装した兄弟であったのかは不明です。

ダブリン王

Amlaib、Auisle(r。863-867CE)、およびImair(r。863-873CE)は、863 CEからダブリンを共同王として統治しましたが、AuisleとImairがAmlaibによって王権に昇格する前でさえ、彼らは参加し、アイルランドでのノース人の軍事作戦は、過去に行われたよりもはるかに効果的でした。現在、襲撃の代わりによく計画された軍事遠征があり、これらの戦いの戦利品は、地元の戦争長と彼のバンドの間で分割されるのではなく、ダブリンの財務省に行きました。

アムライブの前後の違いは、西暦856年にダブリンのノース人がブレガの集落を襲撃したことで明らかです。アムライブがまだ英国にいたときは、確立された伝統的なスタイルに従い、協調した軍事作戦がアムライブと西暦857年のミュンスターのノルマンゲール人に対するイマール。

西暦859年、アムライブとイメアは、ミュンスター近郊の小さな王国であるオソリ王(842-888 CE)のセルボールマックダンランゲと力を合わせ、ドムナルの子モールを攻撃しました。彼らは敗北し、Cerballは後に平和を求めて訴え、Mael Sechnaillに服従しましたが、ダブリンの王たちは、さまざまなアイルランドの王と戦い、同盟を破り続けました。

cで。 862 CE、Aed Findliath(r。862-879CE)は、タラの上級王としてMael Sechnaillを引き継ぎ、Amlaib、Auisle、Imairと同盟を結び、Mide王国(ミース)への攻撃を開始しました。 866年までにAedFindliathは彼らの敵であり、北海岸の至る所でアムライブのロングフォアを破壊しました。

ノース人は西暦867年にアイルランド人に対するキャンペーンで報復し、アイルランド人はクロンダルキンでアムライブの要塞を燃やすことで対応しました。その後、アムライブとイメアは、聖パトリックの記憶に神聖なアーマーの修道院を略奪して燃やし、奴隷として売られるために約1,000人の市民を運び去りました。この行為は大きな犠牲と見なされていましたが、アムライブは以前にさらに大きな犠牲を犯していました。

863年、アムライブ、オアイル、イメアは遠征軍をボイン渓谷に導き、そこで巨石の墓(ニューグレンジやノウスなど)を襲撃し、価値のあるものを運び去りました。谷は古代の新石器時代の墓だけでなく、アイルランドの高貴な王たちの墓の場所でもありました。年代記は、墓を冒涜する際の異教徒の犠牲を記録し、指導者だけを指名しますが、バルドルを含むこれらの指導者の息子がキャンペーンに参加した可能性さえあります。墓の解体の前か後のどちらかで、アムライブの軍隊はブレガとレンスターの王たちも打ち負かしました。

867年、アムライブとイメアはアムライブの妻をめぐる論争でアイルを殺害した。 NS アイルランドの断片的な年代記 AuisleがAmlaibの妻との関係を認めたとき、2人の兄弟はすでに3人目を殺すことを決定したと述べます。その後、アムライブは彼を殺し、信者を虐殺し、彼のすべての品物を奪った(347)。 Amlaibは、スコットランドでキャンペーンを実施している間、AedFindliathや他の人々との戦争を続けました。彼は西暦871年の歴史的記録から姿を消し、そこでの戦いで亡くなったと推定されています。

その後、イメアは、西暦12世紀まで、航路、スコットランド西部、および英国の一部を支配するウイイメア王朝を設立しました。イメアはしばしば、イギリスでキャンペーンを行った西暦865年の大軍の指導者の一部であった有名なバイキングの指導者である骨なしのイーヴァル(西暦870年)と関係がありました。 Halfdan Ragnarsson(Halfdane、c。865-877CEとしても知られる)とIvarが率いるこの軍隊は、その日までイギリスを侵略するのに最も組織的で最も効果的なバイキング軍でした。

IvarとImairが同じ人物である可能性はありますが、学術的なコンセンサスは得られていません。しかし、アイルランドでノース人を効果的に組織したリーダーは、英国で組織したリーダーと同じである可能性が高いです。特に、IvarとImairが同じ名前のバージョンであると考えるとそうです。

イメアは西暦873年に全アイルランドとイギリスのノース人の王として亡くなったと言われています。彼の死後、権力は息子のバルドルに渡されました。バルドルはおそらくしばらくの間キャンペーンに同行していたと思われます。

バードルの治世

前述のように、バルドルは西暦863年にボイン渓谷のキャンペーンに参加した可能性が高いですが、彼は最初に西暦867年に名前で記録され、ハイマーという名前の別のジャールとともに、攻撃されたレイスリンドのジャール(伯爵)と呼ばれています。 、コナハトの人々による待ち伏せで。ハイマーは殺されたが、バルドルは逃げ出し、後に戻った。西暦872年に 断片的な年代記 コノートにあるリー湖とマグ・ルイルグ王国(モイルルグ)の島々で彼が率いた襲撃を記録します。略奪については言及されていないが、多くの市民が奴隷として売りに出されたようだ。

ダブリンはアムライブと彼の兄弟の統治下で奴隷貿易の主要な中心地になりました。実際、奴隷の販売は、他のどの商品よりも成長する都市に多くの富を生み出しました。西暦869年のアーマーに対するアムライブの攻撃は、アイルランド人に対する報復と同じくらい、奴隷として売ることができた1,000人の人々にとって最も可能性が高かった。コノートでのバルドルの活動は奴隷貿易のために市民を捕らえることに焦点を合わせていました、そしてそれは文書化されていませんが、これはおそらくコノートの男性が彼を殺そうとした理由でした。また、バードルはリー湖とマグ・ルイルグの島々を襲撃するずっと前からこの地域で活動していた可能性があります。

西暦873年、 イニスファレン年代記、「Ath Cliath [ダブリン]からの偉大な艦隊を持つBarid [Bardr]は西に海を渡り、Ciarraige Luachraを地下で略奪しました。つまり、洞窟を襲撃しました」(873)。この襲撃は、バードルのいとこであるアムライブの息子であるオイスティン・マック・アムライブと一緒に行われた。バードルはバイキングの海王であると信じられており、彼の評判はこの襲撃から来ている可能性があります。彼は自分の艦隊をアイルランドの東海岸に連れて行き、南西海岸の現代のケリー州を攻撃した可能性があります。ケリー州は、ミュンスター王国の人々を指定したCiarraigeLuachraの指定に関連付けられています。

あるいは、ヴァイキングがその時までにほぼ80年間航行していた川を、彼が艦隊を降ろした可能性もあります。彼が「地下」で襲撃した正確な場所は学者によって合意されておらず、おそらくそれは現代のミュンスター州の別の場所でした。しかし、「洞窟の襲撃」とは、宝物のために墓を略奪することを指すことに同意します。この点で、バルドルはアムライブが来る前に普及していた軍事作戦を実施する古い方法に戻ったようです。

この可能性は、ダブリンからの「異教徒」軍による西暦879年のアーマーの袋について説明している年表のBardrの次のエントリでさらに重要になります。バードルの名前は言及されていませんが、西暦879年のダブリン王として、彼は遠征隊を率いるか、それを委託したでしょう。この879CEの襲撃では、アーマーの修道院長とレクターが捕らえられ、身代金を要求されました。

バードルの治世と人生に関する最後のエントリは、西暦881年の年代記のエントリであり、聖キアランまたは聖キアランの礼拝堂への襲撃と、その直後の溺死または焼却による死について説明しています。デュリーク(ミース州)の聖シアナンの礼拝堂が最も可能性の高い場所であり、エントリはそれが「外国人によって」破壊され、その後、「ノース人の偉大なデスポットであるバルドルが聖シアナンによって殺された」と主張しています。 (アルスター年代記、881)。 NS アルスター年代記 襲撃後、ダブリンで溺死したと主張する アイルランド王国年代記 (別名 アイルランド王国年代記) と クロニコンスコトルム 襲撃後に彼は「殺されて焼かれた」と述べた。すべての情報源は、彼の死は、礼拝堂が冒涜された聖人によって制定された奇跡に起因すると考えています。

結論

バードルの治世に関する情報源は明らかに偏っており、注意深く解釈する必要がありますが、この特定の王に関しては、それらが正確であると信じる理由はすべてあります。 Bardrに起因する行動は、アイルランドの教会や修道院に対する以前の襲撃のパラダイムに適合し、彼の叔父や父親による軍事作戦と同じ場所のいくつかを含みます。

ダブリンの海王バルドルは、西暦873年の襲撃から評判を得た可能性が高く、その後、現金や食料だけでなく、奴隷として売られる。バードルの死後、バードルの兄弟で後継者であるシクフリスがキャンペーンを遂行する能力は、中世のバイキングダブリンの奴隷貿易におけるバードルの経済的成功からもたらされた可能性が高いかなりの資源を証明しています。


ハラルド・シグトリッグソン

ハラルド・シグトリッグソン (古アイルランド語: Aralt mac Sitric 古ノルド語: ハラルドル、940年に亡くなりました)は、10世紀初頭にリムリックを統治したバイキング[nb1]の指導者でした。彼はSitricCáechの息子であり、Ímarの曾孫であり、UíÍmairの1人になりました。彼は、937年のリー湖での戦闘中にハラルドのいとこであるダブリン王オラフガスフリスソンが前の王オラフスカビーの頭を捕らえた後、リムリックの王として任命されました。ハラルドは940年に亡くなり、最終的にリムリックのイーヴァルに引き継がれました。


コンテンツ

一部の歴史家は、ÍmarとIvar the Bonelessが同一であると信じており、他の歴史家は、彼らが2人の異なる個人であると主張しています。アイルランドの年代記によると、ÍmarはLochlannの王であったGofraid(Goffridh、GothfraidまたはGuðrøðr)の息子でした。この時点でのノルウェー人は、アイルランド人によってしばしばロフランと呼ばれていました。ロフランは最近、ノルウェーと同一であるとして学者の間で広く受け入れられました、しかし、これはとりわけドンチャード・コランによって疑問視されました。彼と他の人の理論は、ロフランは「バイキングスコットランド」(スコットランドの島々と北本土の北欧/ノルウェーの入植地)であったというものです。アイルランドの年代記がノルウェーを指すのにロフランという用語を使用したのか、スコットランドのノース人の入植地を指すのかはまだ議論の余地がありますが、11世紀までにこの用語はノルウェーを意味するようになりました。 [9]ドンチャー・オ・コランによれば、デンマーク王朝のどの支部もアイルランドを支配したという証拠はありません。彼はまた、ノルウェー王朝(ユングリング家)の一部としてしばしば識別されてきた、オマールの兄弟、アムライブ・コヌング(「コヌング」という名前は古ノルド語のコヌングルに由来し、単に「王」を意味する)は実際にはそうではなかったと主張している。彼は、Ímarと彼の兄弟の両方がスコットランド本土とその周辺を中心とした北欧王朝の一部であったと主張している。 [9]

ノルウェーの歴史家キム・ジャルダーと考古学者ベガード・バイクは、オマールは骨なしのイーヴァルと同じ人物であり、彼とノルウェーの首長アムライブ・コヌング(オーラフ・ザ・ホワイト)は、目標がアイルランドのバイキング集落を支配する。アイルランドの年代記がÍmarとAmlaíbConungを兄弟として説明するとき、HjardarとVikeは、これは「戦士の兄弟」または「武装した兄弟」の比喩として解釈されなければならないと主張します。 [10]

次のリストには、アイルランドの年代記やその他の信頼できる情報源や半信頼できる情報源で言及されているメンバーのみが含まれています。 CogadGáedelreGallaib、そしてそれらの中で比較的自信を持って血統に入れることができるものだけです。したがって、それは決して完全ではありません。奨学金の最近の進展の中で、エリック・ブラダックスの性格に貢献したノーサンブリアの歴史的な王は、実際にはウイメア王朝であったと主張されてきました。 [11]

1867年にジェームズヘンソーントッドによって最初に提案され[12]、最近ではアレックスウルフとクレアダウンハムによって検討されましたが、初期のメンバーの一部、そしておそらく後の王朝全体が創設者の女性のライン。 [13]

様々な作者の後。生年月日は不明です。 マック =の息子 インゲン =の娘 ua =の孫 Ua(h)Ímair =名前(Ímarの子孫)。

  • Ímar/Ívar/ Ivar /Ívarr(873年に死亡)
      (881年に死亡)(888年に死亡)(896年に死亡)
  • ? mac /ingenÍmair、および/または上記の息子の間
    • AmlaíbuaÍmair(896歳で死亡)(904歳で死亡)(920/1で死亡)
      • ? mac Ragnaill(942年に死亡)
      • Ímar(950年に死亡)?
        • おそらくウォーターフォードのÍmar(1000年に死亡)
          • GillaPátraicmacÍmair(983年に死亡)(995年に死亡)
          • DonndubánmacÍmair(996年死亡)
          • RagnallmacÍmairII(1018年に死亡)
            • ? mac Ragnaill(1015年に死亡)(1035年に死亡)
            • Sichfrith mac Sitric(937年に死亡)
            • Ausle mac Sitric(937で死亡)(940で死亡)
              • おそらくMaccusmac Arailt(984/7で死亡)
              • おそらくGofraidmac Arailt(989年に死亡)
                  (1005年に死亡)
              • Lagmann mac Gofraid(死亡しましたか?)
                • AmlaíbmacLagmann(1014年に死亡)
                  • ? DonnchadhmacAmlaíb(1014年に死亡)
                  • RagnallmacAmlaíb(980歳で死亡)(989歳で死亡)
                    • GillaCiaráinmacGlúniairn(1014年に死亡)
                    • Sitric? macGlúniairn(fl. 1036)
                      (1054年に死亡)
                    • Artalach mac Sitric(999年死亡)
                    • AmlaíbmacSitricI/ II(1013年に死亡)
                    • GlúniairnmacSitric(1031年に死亡)II / I(1034年に死亡)
                        (死亡しました ?)
                      • Alpdann mac Gofraid(927年死亡)(941年死亡)
                          (fl. 962)
                        • 、リムリックの(977年に死亡)
                          • AmlaíbmacÍmair(977年死亡)
                          • DubcennmacÍmair(977年死亡)
                            • Osli mac Dubceinn(1012年に死亡)
                            • Amond mac Dubceinn(1014年に死亡)

                            王朝の最後の広く合意されたメンバーの1人であるEchmarcachmacRagnaillの正確な系統は不明です。彼はウォーターフォードのイヴァル(1000年に死んだ)またはゴフライド・マック・アライルト(989年に死んだ)の子孫でした。 Donnchad macBriainの女王であるCachtingen Ragnaillのそれは、Echmarcachのものに依存する場合と依存しない場合があります。

                            家系図編集

                            イヴァル・オブ・ウォーターフォードによって設立または継続されたウォーターフォードの独立王朝(1000年に死去)は、ダブリンの王の「中心」線と遺伝的に結び付けることはできませんが、ジェームズ・ヘンソーン・トッドは、そこで支配したことのないラグナル・ア・エメアからの降下を彼に与えました。 [14]ダブリンに対する彼らの主張と彼らの王朝の名前は、彼らが王朝に属していたことを示唆している。 [15]

                            ウォーターフォード後期の場合のように、リムリックで支配した最後の北欧人の血統も不確かです。リムリックのイーヴァル(977年に亡くなりました)は、UahÍmairと名付けられ、12世紀初頭の物語で際立って登場します。 CogadGáedelreGallaib、彼は年表にはあまり現れませんが、それはラクノーズであり、一般的にアイルランド西部では貧しいです。いずれにせよ、彼および/またはウォーターフォード王朝は、おそらくオドノバン家との結婚を通じて今日生き残っており、確かに両方に関連しており、中世にウイメア王朝の名前を使用したことで知られています。 SliochtÍomhairまたは「SeedofIvor」として知られるオドノバンの注目すべきセプトは、近世に生き残った。また、家族の中には、ウォーターフォードのイヴァルの男性系の子孫である可能性もあると定期的に主張されており、その変種は(息子のドンドゥバンを通じて)実際に ブリタニカ百科事典 数十年の間。 [16]これは未確認のままであり、家族はこの最後の主張を自分でしません。すべての(生き残った)セプトはゲール語の血統を公言しています。

                            1052年にUíCheinnselaigに敗れた後、UíÍmairがダブリンに残った期間は不明です。 1072年にダーマットマクモイルナムボが亡くなった後、王権はトゥールロホウアブリアインによって支持された候補者であったかもしれないし、そうでなかったかもしれない1人のゴフライドマックアムライブメイクラグナイルによって保持されたようです。彼はトゥールロホによって設置されたと主張されているが[17]、年代記自体はそのような声明を出していないが、1075年のゴフライドの死を簡単に報告し、彼を外国人の王とダブリンの王とさまざまにスタイル付けしている。しかし、イニスファレン年代記によれば、「アト・クリアスの王であるラグナルのゴフライドの孫は、タイアデルバッハ・ウア・ブリアンによって海上で追放され、彼は海を越えて亡くなり、アイルランドに大艦隊を集めた」。 [18]それで、ゴフライドは、彼がどのように王位に就いたかに関係なく、ゲール人にもかかわらず、ダブリンで独立した王朝を再建するチャンスがあると思った。ゴドレッド・クロヴァンは彼の後の期間成功したかもしれません。

                            UíÍmair王朝は、ゲール語とノース語の両方を話すアイルランドの多くの家族の先駆者でした。

                            しかし、ノーマンのアイルランド侵攻は、中世の北アイルランドとゲーリックの貴族の大多数を同様に破壊することにつながりました。この破壊は、後のチューダー朝の征服で完了しました。

                            それにもかかわらず、北欧王朝に強く関連する名の密集したクラスターは、概念的にゲール語の家族、Dubhaltach Mac FhirbhisighとCúChoigcrícheÓCléirighの偉大な系図の編集物、および他のさまざまな情報源で見つけることができます。そして、王朝はダブリン、ウォーターフォード、リムリックに集中していたため、アイルランドの南半分に集中していましたが、後に頻繁に名前を使用するゲーリックの家族は、主にアイルランドの北半分に見られます。彼らの血統は、彼らをコナハタと関連付けています。 、UíMaine、NorthernUíNéill。これらの北王朝のいずれも、UíÍmairとの積極的な関係の文書化された歴史を持っていません。最初の2つの場合はまったく関係がありません。アイルランド王朝のうち、UíÍmairは、Osraighe(FitzPatricks)、Laigin、O'Brien王朝、SouthernUíNéillClannCholmáin、SílnÁedoSláine、および前述のO'Donovansとのみ相互に関係していることが記録されています。いずれにせよ、UíÍmair自体の生き残ったセプトの血統を含んでいたかもしれない1つの長く生き残った情報源は、レカンの書のセクションでした。このセクションは、特にアイルランドのノース人の家系と行動に焦点を当てており、Mac Firbis自身が報告したように、17世紀にはまだ存在していましたが、その後失われました。 [19]

                            クロヴァン王朝編集

                            ダブリンUíÍmairの子孫は、彼の祖先が完全に合意されていなくても、ゴドレッドクロヴァン、ダブリン王、マン島嶼部王の家系で13世紀まで存続した可能性が高いです。 [20]彼はおそらく、上記のÍmarmacArailtの孫であり、ダブリンの最後の特定のUíÍmair王の1人であり、AmlaíbCuaránの孫でした。ゴッドレッドの子孫は、ノルウェー王の家臣でしたが、1260年代まで支配を続け、最後はマグヌスオラフソン(1265年まで)、または簡単に彼の息子グズロズル(1275)でした。

                            クランソムヘアル編集

                            ゴドレッド・クロヴァンからの彼らの降下は女性のラインを経由しますが、アレックス・ウルフは、クラン・ソムヘアル(ドナルド氏族とマクドゥーガル氏族)またはアイルズ卿は、明らかに彼らのこの降下でアイルズに主張する(ウルフによると)。 [21]彼らの創設者サマーレッドは、オラフ・ゴドレッソンの娘であり、マンと島嶼部の王であり、ゴドレッド・クロヴァンの息子であるラグニルドと結婚した。もちろん、これはこれらの王朝がUíÍmairに属していたことを前提としています。イアン・モンクリーフ卿は、Echmarcach macRagnaill自身からSomerledへの男性の系統降下を再構築しようとしました。 [22]

                            AmlaíbmacSitriuc(ダブリン王シトリックシルケンベアードの息子Ólafr)は、娘のラグニルド、Cynan ab Iagoの妻、有名なGruffudd ap Cynanの母を通じて、グウィネズ王の祖先になりました。


                            ÍmaruaÍmair

                            ÍmaruaÍmairは、902年より前にダブリン王になりましたが、おそらく896年に叔父(または父)のSitriucmacÍmairが亡くなる前ではありませんでした。 [1]彼の治世に先立つ数十年で、ダブリンは内戦と王朝の確執に悩まされ、王国を大きく弱体化させました。近隣のネイティブアイルランドの王たちは、これを利用して自分たちの影響力を高めようとしました。追加の動機付けの要因は、アイルランドの宗教的な場所でのバイキングの襲撃への復讐だった可能性があります。 [2]

                            902年にブレガとレンスターの王国は同盟を結成し、ダブリンからヴァイキングを追い出しました。 [3]ÍmaruaÍmairに率いられた追放されたダブリン人は、スコットランドの領土に撤退し、そこで彼らはある程度の支配力を行使した。 [2]翌年、彼らはピクト人の王コンスタンティンとの戦争に従事し、ダンケルドを襲撃した。 [nb 2]翌年、コンスタンティンが特定した場所で勝利を収めました。 アルバの王たちのクロニクル なので ストラスエレン。 [5] [6]ÍmaruaÍmairは アルスター年代記 同じ年に初めてそして唯一の。この唯一のエントリは、フォルトリウのピクト人の手による彼の死を詳述しています–これは、 クロニクル. [7] [8]

                            ヴァイキングは917年までダブリンに戻りませんでした。そのとき、イマールのもう1人の孫であるシトリックがアイルランドに軍隊を上陸させ、レンスターの軍隊に決定的な敗北をもたらしました。 [9]

                            識別子「uaÍmair「Ímarの文字通りの孫を指し、それは単に子孫、または未知の子孫の個人を指すことが示唆されています。しかし、事実」uaÍmair「948年以降、アイルランドの年代記には見られず、文字通りの孫のためだけに使用されたことが示唆されています。[10]

                            Ímarには少なくとも3人の息子、Bárid(d。881)、Sichfrith(d。888)、およびSitriuc(d。896)がいて、その3人はすべてダブリンの王でした。これらの息子のどれが、もしあれば、ÍmaruaÍmairの父親であったかは不明です。 Ímarの他の孫は、Ragnall、SihtricCáech、Amlaíb、およびGofraidとして識別されており、それらのほとんどはそれ自体が王でした。 [1]


                            ダブリン王

                            いわゆる「ダークフォーリンナーズ」のアイルランドへの到着は、849年にアイルランドの年代記に最初に記録されました。アイルランドの断片的な年代記は、ノルウェー王の息子である「アムライブ[オラフ]コヌングが多くの宣言をもってアイルランドにやってきた」と傲慢に述べています。父親からの賛辞と税金、そして彼は突然出発した」[1122]。クレア・ダウンハムは、バイキングの襲撃者を説明するために初期の一次資料で使用された「ダーク外国人」および「フェア外国人」という用語の意味のさまざまな理論について説明しています[1123]。問題の「ノルウェーの引用」の正体は不明です。アイルランドの断片的な年代記の後半の節では、彼を「ラグナルの息子、ゴスフライドコヌングの息子、ゴフライドの息子」と名付けています[1124]。同じ情報源は、873年の「ノルウェー王、すなわちゴスフライド」の死を記録しています。突然の恐ろしい病気」[1125]。 「Gofraid / Gothfraid」は、文書NORWAY KINGSに示されている主要な現代のノルウェーの支配者のいずれにもリンクできませんが、ノルウェー政府は当時、国のさまざまな地域に多数の地元の支配者がいることを念頭に置いておく必要があります。おそらく全員が自分たちを王と呼んでいたでしょう。

                            正確な起源が何であれ、アイルランドのバイキング襲撃者は、853年にクロニコンスコトルムとアルスター年代記の両方に記録されたオラフと彼の推定兄弟イヴァルとアスルのより恒久的な到着に続いて、すぐにダブリン周辺に定住しました[1126]。アイルランドのリソースは、これらのダブリンを拠点とするバイキングによるアイルランドの隣人に対する多数の襲撃を記録しています。しかし、さらに驚くべきことに、彼らはまた、共同攻撃を行うために、さまざまなアイルランドの派閥とのバイキング同盟を記録しています。たとえば、アイルランド王国年代記は860年に、ニールカイエの息子であるエードフィンライスとコナンの息子であるフランが外国人の領主と一緒にミースを略奪したと記録しています[1127]。より具体的には、863年のアルスター年代記には、「外国人の3人の王、アムライブ、イマール、オアイルがコナインの息子であるフランの土地を略奪し、ミデの王カタールの息子であるロルカンが一緒にいた」と記録されています[1128]。これらの2つの対照的な箇所から、アイルランドとバイキングの同盟が変動し、短期的な関心が動機となったことは間違いありません。

                            イヴァルと彼の子孫は、11世紀の終わりまでダブリンの王としてアイルランドの年代記に記録されています。しかし、バイキングの入植者の彼らのリーダーシップは挑戦されませんでした。 The Annals of Ulster record in 893 "a great dissension among the foreigners of Ath Cliath and they became dispersed, one section following Imar´s son, and the other Sigfrith the jarl”[1129]. The same source records the return to Ireland in 894 of "Imar´s son”[1130], who is presumably identified with "Sitriuc son of Imar killed by other Norsemen” in 896[1131]. The reconstruction of events in succeeding years is unclear from the Irish sources, until the Annals of Ulster record in 903 that "the heathens were driven from Ireland i.e. from the fortress of Ath Cliath by Mael Finnia son of Flannacan with the men of Brega and by Cerball son of Muirican with the Laigin”[1132]. Welsh primary sources record the arrival of Vikings in North Wales around the same time, presumably the consequence of their expulsion from Dublin. The Annales Cambriæ record in 903 that "Igmunt" [Ingmund] arrived "in insula Mon" (presumably referring to Anglesey) and held "maes Osmeliaun"[1133]. The Chronicle of the Princes of Wales dates the event to 900, recording that "Igmond came to the isle of Mona and fought the battle of Rhos Meilon"[1134]. The same Viking group passed on to England, as confirmed by the Fragmentary Annals of Ireland which record in [907] that "the Norwegians left Ireland…their leader was Ingimund", that they were "driven by force out of British territory" by "Cadell son of Rhodri…king of the Britons" [indicating that the passage refers to the Welsh], and that "Aethelflaed Queen of the Saxons [wife of Aethelred]…gave him land near Chester, and he stayed there for a time"[1135]. Ingmund has not yet been identified: he does not feature in the Irish annals. Other Viking exiles from Dublin raided Scotland, as shown by the Annals of Ulster which record the death in 904 of "Imar grandson of Imar” killed by “the men of Foirtriu” [indicating Scotland near the Forth][1136]. The regrouping of Viking forces can be dated to [914/16]. The Anglo-Saxon Chronicle records in 915 (manuscript D) or 917 (manuscript A) that "a great pirate host came over hither from the south from Brittany under two jarls Ohtor and Hroald, and sailed west about until the estuary of the Severn", and were opposed "by the men from Hereford and Gloucester…[who] slew the jarl Hroald and the other jarl Ohtor´s brother[1137]. The Annals of Ulster record in 914 "a naval battle at Manu between Barid son of Oitir and Ragnall grandson of Imar, in which Barid and almost all his army were destroyed”, and 𠇊 great new fleet of the heathens on Loch da Caech”, followed in 915 by "a great and frequent increase in the number of heathens arriving at Loch da Chaech"[1138]. The family of Ivar was able to leverage the situation to its advantage, the Annals of Ulster recording that "Sitriuc grandson of Imar landed with his fleet at Cenn Fuait on the coast of Laigin” and “Ragnall grandson of Imar with his second fleet moved against the foreigners of Loch dá Chaech” in 917[1139].

                            After that time, the descendants of Ivar established themselves once more in Dublin: the Annals of the Four Masters record that “Godfrey grandson of Imhar took up his residence at Ath-Cliath” in 919[1140]. After that time, Viking settlers were not confined to Dublin. Downham lists 19 places throughout Ireland, ranging from Ulster in the north to Galway in the west, Limerick in the south-west and Waterford and Wexford in the south-east, in which 10th century chronicles record Viking settlements during the period 917 to 968[1141]. The same family group diversified their field of activity into northern England: Simeon of Durham records that "King Inguald stormed York" in 919[1142]. Family members continued to rule as kings of York until they were finally driven out in 952.


                            Índice

                            Ragnall foi un dos netos de Ímar, o fundador da dinastía Uí Ímair (ou Casa de Ivar), e compartía o poder con outros nobres con vínculos de sangue como Sitric Cáech e Gofraid ua Ímair. A súa identidade cuestionouse durante certo tempo, pero cada vez ten máis peso a teoría de que Ragnall é a figura histórica de Rognvald Eysteinsson, personaxe que aparece na saga Orkneyinga como suxeriu o historiador Alex Woolf [ 5 ] [ 6 ]

                            O Ímar de quen descende Ragnall é un personaxe chamado o «rei dos homes do norte de toda Britania e Irlanda», cuxa morte consta nos Anais de Ulster en 873 ás veces identificouse como un dos caudillos do gran exército pagán, Ivar o Desosado, pero tal suposto non ten base argumentada [ 7 ] .


                            Orixes familiares Editar

                            Sitric foi un dos netos de Ivar de Dublín, por tanto pertencía á dinastía nórdica coñecida como os Uí Ímair, que, xunto cos seus familiares Gofraid ua Ímair e Ragnall ua Ímair, sería moi influente e activa en Irlanda e o norte de Gran Bretaña [ 2 ] .

                            Irlanda Editar

                            Os Anais do Ulster amosan a chegada de dúas frotas viquingas a Irlanda en 917, unha liderada por Ragnall e a outra por Sitric, os dous da casa de Ívar [ 3 ] , que loitaron contra Niall Glúndub, derrotaron as forzas locais e, segundo os anais, Sitric, a continuación, foi a "Ath Cliath", é dicir, Dublín, e debemos asumir polo que indican as fontes documentais, que tomou posesión da cidade [ 4 ] . O seu compañeiro, Ragnall ua Ímair, despois de conquistar Waterford, dirixirase cara a Escocia [ 5 ] , e máis tarde conquistará Jorvik (agora York), onde foi proclamado rei.

                            Sitric loitou en varias batallas contra Niall Glúndub. Menciónase unha gran guerra nas crónicas de 918, e 919, Niall e moitos outros reis irlandeses morreron nunha gran batalla ás portas de Dublín [ 6 ] . Foi, probabelmente, a derrota máis devastadora dos irlandeses inflixida polo exército escandinavo.

                            Rei de Jorvik Editar

                            O 920 ou 921, Sitric abandonou Dublín. Os cronistas indican que deixou o reino "co poder de Deus" [ 7 ] , pero o certo é que, tras a morte do seu irmán Ragnall, pasou a ser rei de Jorvik。 O seu outro irmán, Gofraid, estaba á fronte de Dublín.

                            Sitric atacou Mercia desde a fronteira co reino de Jorvik [ 8 ] , e dirixiu os seus exércitos en Confey e noutras batallas.

                            Casou no ano 926 coa irmá do rei anglosaxón, Aethelstan, (probabelmente Editha de Polesworth) [ 9 ] nun movemento político deseñado polo mesmo Aethelstan, a fin de consolidar a súa influencia no norte do seu reino. Sitric morreu de súpeto, un ano máis tarde, en 927 e Aethelstan asumiu o trono do rei viquingo algúns anos máis tarde.


                            UBISOFT ENTERTAINMEN

                            Assassin's Creed Valhalla's first major expansion, Wrath of the Druids, is out on May 13 on all available platforms. Eivor's latest journey takes them to shores of Ireland, where the newly-appointed High-King Flann Sinna seeks to unite four disparate regions under a single Irish banner. Along the way, Eivor will discover the secrets of an ancient druidic cult, encounter fearsome mythological creatures, and explore Ireland's many mysteries.

                            A new land means new monasteries to raid, alliances to forge, enemies to fight, and skills to learn. New abilities let Eivor fire off smoke-bomb arrows to make a quick getaway or open up opportunities in combat, or summon Irish hounds to attack enemies. Of course, Eivor is more deadly than ever thanks to the addition of sickles as a new melee weapon type. In between battling mythical creatures and helping unite Ireland, Eivor will set up trading posts around the land to earn valuable rewards, help foster alliances, and build up Dublin's commercial reach.

                            Wrath of the Druids is included as part of the Assassin's Creed Valhalla Season Pass, and is available as a separate purchase. Before you jump in, why not learn a bit more about the real history of ninth-century Ireland and the people, places, and things that inspired Wrath of the Druids?

                            Ninth Century Ireland

                            Early medieval Ireland was a collection of small kingdoms, all frequently at war with one another. High Kingship of Ireland, also know as Kingship of Tara, was a constant battle between northerners and southerners, with power changing hands between two branches of a dynastic family: the Northern Uí Néill and the Southern Uí Néill. When in power, northerners ruled from Ulster, while southerners ruled from the kingdom of Meath.

                            One thing that helped create some semblance of unity for the disparate kingdoms was the ninth-century invasion of the Danes, which caused many Christian Irish to unite against a common enemy. In 866, High-King Áed Finnliath led the Irish to successfully push the Vikings out of the northern region of Ulster, which resulted in the Irish fighting amongst themselves once again.

                            Flann Sinna

                            Flann Sinna's father, Máel Sechnaill, represented the Southern Uí Néill as High-King of Ireland until his death in 862. At that point, High-Kingship passed to the northerners and Áed Finnliath, Flann's first cousin, took up the mantle and married Flann's mother, becoming his stepfather as well as his cousin. As unusual as it may sound today, marrying your predecessor's widow was tradition at the time.

                            Flann wasn't overly fond of his new stepfather, and as a result, the north and south were constantly at war with one another. Flann's ascent to the throne of High-King was far from peaceful, as he murdered his second cousin - Donnchad mac Eochocain, the reigning king of Mide and head of the southern Ui Neill - to become king of Mide. When Áed Finnliath died in 879, Flann became Ireland's new High-King. It's here that Eivor enters the picture, helping Flann's coronation go off without a hitch and aiding him in numerous battles.

                            While Flann's predecessor was no friend of the Viking Danes, Flann was more than willing to work and fight side-by-side with them after they were driven south by Áed Finnliath. Those Dane allies were certainly helpful, as Flann's 36-year reign was incredibly violent, with constant raids and attacks across Ireland. At one point, even his own sons rebelled against him. Flann eventually died in 916, and was succeeded by Niall Glúndub, the son of Áed Finnliath.

                            Bárid mac Ímair

                            Players will be introduced to Bárid as Eivor's cousin, a fellow Norseman, who is now king of Dublin. At the time, Dublin had been invaded and controlled by Vikings, not Irishmen. Bárid was the son of Imar, a Viking raider who founded the Uí Ímair dynasty and helped establish Dublin as a Norse settlement. Some scholars believe Imar and Ivar the Boneless to be the same person, but in Assassin's Creed Valhalla they are two very different people.

                            Bárid had close ties with Áed Finnliath, which may be why Flann Sinna hesitates to trust him in Wrath of the Druids.

                            Sichfrith mac Ímair

                            Wrath of the Druids portrays Sichfrith as Bárid's son, but in reality, the two were brothers. Sichfrith did succeed his older brother, but his time as king of Dublin was mostly concerned with conflicts between different Viking clans: those who were allies with the Southern Uí Néill, and those who lived even further south. killed by his own kinsman in 888 and succeeded by his surviving brother, Sitriuc.

                            ケルズの書

                            Early on in Wrath of the Druids, Eivor is tasked with retrieving the Book of Kells from a mysterious cult. In reality, the Book of Kells was an illuminated manuscript containing the four gospels of the New Testament in Latin. In Eivor's time, it would've been only a few decades old and incredibly important to Ireland's Christian population, including High-King Flann Sinna. It is considered a masterful example of western calligraphy, is regarded as one of Ireland's finest national treasures, and gets its name from the Abbey of Kells, where it lived for centuries.

                            Hill of Tara

                            An ancient ceremonial site near Dublin, the Hill of Tara was the inauguration place for the High-Kings of Ireland, and is where Eivor meets Flann Sinna for the first time. The site contains monuments dating all the way back to the Neolithic Age, such as the Lia Fáil, or Stone of Destiny, a standing stone by which all coronations would take place under.

                            There's still so much to learn about the history and mythology that inspired Wrath of the Druids, but you'll have to discover that for yourself (check the in-game codex for more information) when Wrath of the Druids launches on May 13 on all available platforms. For more on Assassin's Creed Valhalla, be sure to check out our previous coverage.

                            添付ファイル

                            Ubisoft Entertainment SA published this content on 11 May 2021 and is solely responsible for the information contained therein. Distributed by Public, unedited and unaltered, on 11 May 2021 16:13:01 UTC.


                            Bard figlio di Ímar [3] compare nelle cronache nell'anno 867 quando, allora un sempllice jarl del Lochlann, viene attaccato da uomini del Connacht mentre guida un'incursione insieme a jarl Háimar [4] . Nel 872 razzia il regno di Magh Luirg e le isole del Lough Ree [5] . Le saghe ci informano poi che Bard ospitò in quegli anni uno dei figli di Áed Findliath, già alleato di suo padre contro Máel Sechnaill mac Máele Ruanaid: un dato utile per comprendere i successivi legami familiari tra gli Uí Ímair e gli Uí Néill [6] . Nell'anno 873, Bard salpò da Dublino con una flotta e razziò le terre di Ciarraige Luachra (Contea di Kerry) [7] . Si trattò probabilmente di una dimostrazione di forza successiva alla sua presa di potere come nuovo Re di Dublino essendo morto nel medesimo anno il padre Ímar [6] . Nel Cogad Gáedel re Gallaib è riportato che alla razzia partecipò anche suo cugino Oistin mac Amlaíb, figlio di Amlaíb Conung [8] , cosa che porta taluni a supporre una co-reggenza su Dublino dei due cugini [9] . Negli anni successivi, gli Uí Ímair dovettero difendere il loro regno dalle mire di un altro vichingo, Albann, identificato in Halfdan Ragnarsson, già capo della Grande armata danese, che, espulso dalla Northumbria tentò di prendere per sé il Regno di Dublino. Nel 875, Halfdan uccise Oistin [10] , probabilmente durante un primo attacco a Dublino non riuscito. Il danese tornò all'attacco nel 877, trovando la morte contro Bard nella Battaglia di Strangford Lough (nella Contea di Down) [8] .

                            Gli Annali irlandesi concordano nel fissare la morte di Bard all'anno 881, poco dopo una scorreria a Duleek, e ne attribuiscono le cause ad un miracolo operato dal santo locale, Ciaran [1] [2] [3] .

                            L'unico discendente certo di Bard è Uathmarán mac Bárid, il cui nome gaelico lascia supporre un tentativo d'inserimento tra le élite indigene [11] .
                            Figli presunti di Bard furono forse:

                            I tre avrebbero però potuto essere figli di Bárid mac Oitir (morto 914) e non di Bárid mac Ímair [12] .


                            New Assassin's Creed Valhalla: Wrath of the Druids Story Details Revealed

                            A member of Ubisoft's narrative team fills in more details about what players can expect in Assassin's Creed Valhalla's Wrath of the Druids DLC.

                            Ubisoft's Assassin's Creed Valhalla follows the Viking warrior Eivor as they join a force raiding England and creating settlements there. While the game focuses on Norse mythology as one major facet of the story, its real-world historical context is just as important. That will continue into its DLC, with more details about the Assassin's Creed Valhalla: Wrath of the Druids expansion, releasing April 29, being revealed in a recent interview.

                            This first DLC will take Eivor to nearby Ireland for further adventures, meanwhile The Siege of Paris expansion this summer will focus on Francia - a good many years prior to the French Revolution seen with 2014's アサシンクリードユニティ。 While datamined leaks have suggested Assassin's Creed Valhalla will have a major third DLC, those two expansions are all the game's first Season Pass includes. According to Ubisoft's website, Wrath of the Druids will center around investigating an ancient druidic cult steeped in Gaelic myth and folklore.

                            However, Ubisoft Bordeaux associate narrative director Hugo Sahuquet told The Gamer that Wrath of the Druids will also go deep into the emerging Norse-Gaels culture. Sahuquet said the DLC takes place about 40 years after Vikings first settled in Dublin, which quickly became "a very cosmopolitan city" due to the easier melding of Viking and Irish culture, including marriages meant to secure protection, land, and more.

                            By the time Assassin's Creed Valhalla enters Ireland, the Viking expansion there has already ended, with Norseman Barid mac Imair serving as the king of Dublin. Sahuquet said Ubisoft is imagining Barid is Norse-Gael as a way to explore the cultural blending, and the expansion's story begins as a result of Ireland's High King Flann Sinna hiring Viking mercenaries to join his war campaigns.

                            Based on descriptions provided to The Gamer, it sounds like Ubisoft has thought a lot about how it wants to portray this time period. Sahuquet said University of Liverpool Professor Clare Downham and Trinity College Dublin Professor Sean Duffy were brought in as experts on Viking and Irish history. ヴァルハラ already dives into many cultural events, such as its still-ongoing Ostara Festival, so adding additional world perspectives is undoubtedly a boon to the formula.

                            How The Siege of Paris or a potential third expansion will add onto this exploration of early European history will have to be seen, but for now it sounds like fans have a lot of interesting story to look forward to this month. There are other issues Assassin's Creed Valhalla's Wrath of the Druids DLC could address from the base game, so hopefully Ubisoft takes the opportunity to polish its title more than ever.

                            Assassin's Creed Valhalla is available now for PC, PS4, PS5, Stadia, Xbox One, and Xbox Series X/S.


                            ビデオを見る: Hunting Children of Danu! Wrath of the Druids Story 2 - Assassins Creed Valhalla (1月 2022).