人々と国家

バイキングアート:6つのアートスタイル

バイキングアート:6つのアートスタイル

バイキングアートは、北部の驚くほど華麗な素材文化の象徴です。バイキングは手の込んだ装飾を愛し、使用したものの多くを装飾しました。武器、宝石、ルーンストーン、船木工、さらには一般的な日常品ですらありました。彼らは抽象的で複雑な動物デザインと複数のインターレースラインが大好きでした。彼らの芸術に描かれている動物には、蛇、馬、オオカミ、鳥、そして非現実的で幻想的な動物が含まれています。バイキング時代が進むにつれて、職人はデザインを変え、6つの異なるが重複するアートスタイルが開発されました。各スタイルには、装飾されたオブジェクトが見つかったエリアにちなんで名前が付けられています。それぞれのアートスタイルを見ていきます。

オセベルグ

Osebergスタイルは、9世紀のほとんどにわたって続き、バイキングの宗教図像にも登場します。その主な特徴は、つかむ獣のモチーフとしなやかな動物の形です。足は、ボーダー、クリーチャーの首、他のクリーチャー、または体の他の部分をつかみます。魅力的な獣は、バイキング芸術の文化に何かを反映しているに違いありません。

ボア

ボアスタイルは、ノルウェーのボアでの埋葬船からのブライドルマウントのセットにちなんで命名されました。ボアは、バイキング時代に特有の期間であるオセベルグとジェリングのスタイルと重なります。つかむ獣は残っているが、オセベルグ様式のしなやかな生き物は今や三角形の頭、丸い目と突出した耳を持つ猫のような顔を誇っている。このスタイルは、外部の影響を受けていない純粋に北欧のようです。アイスランド、ロシア、イギリスに登場し、どこに行ってもバイキングの芸術が存在したことを示しています。ボアは、9世紀末から10世紀半ばにかけて顕著でした。

ジェリング

ジェリングスタイルは10世紀の初めから現れ、約75年間続きます。文体的な動物はS字型で絡み合っており、頭部、らせん状の腰、おさげの形をしています。ボアとジェリングはオーバーラップし、場合によっては両方が同じオブジェクトで使用されます。

ママ

マメムバイキングアートスタイルはジェリングスタイルから生まれ、10世紀後半に顕著になりました。ほとんどの自然主義的なライオンと鳥、蛇、葉状の模様が特徴です。この名前は、デンマークのマメムにある墓地の小さなaの頭に由来しています。 xの頭は彫られ、銀で象嵌されました。 xの頭の片側には葉状のパターンがあり、もう一方には翼と尾に巻きひげを持つ様式化されたリボンのような鳥がいます。

リンゲリケ

11世紀の前半は、バイキングアートのリンゲリケスタイルが特徴でした。ライオンの形をした獣は、植物のモチーフや葉の模様と同様にまだ表示されます。またこの間、ルーンストーンはより顕著になり、リンゲリケ様式で装飾されました。リンゲライク動物は非常に曲線的で薄く、アーモンド型の目と細くて長い、があります。

ウルネス

ウルネスのスタイルは1050年から12世紀まで遡り、その名前はノルウェーのウルネスにあるステーブ教会から付けられました。彫刻が施された木製パネルは、長い目を前に向けた、しなやかな動物の交錯とループを示しています。ヘビや植物も紹介されています。グレイハウンドのような生き物は、蛇と戦っているようです。

この記事は、バイキングの歴史に関する幅広い記事の一部です。詳細については、ここをクリックしてバイキングの歴史に関する包括的なガイドをご覧ください