戦争

マルベリーハーバー:D-Dayのモバイルポート

マルベリーハーバー:D-Dayのモバイルポート

Mulberry Harborに関する次の記事は、Barrett TillmanのD-Day Encyclopediaからの抜粋です。


最初の着陸後の補給と増援の緊急の必要性により、同盟国は革新的な手段を講じることを余儀なくされました。シェルブールなどの主要港がすぐには利用できないことを知って、最初の計画では、古い船の長い列を沈めて防波堤を形成することを求めました。 「グーズベリー」と呼ばれるこのアイデアはすぐに、より野心的なコンセプトに変わりました。モバイルポートを侵入ビーチに持ち込むことが決定されました。このプロジェクトは、1943年6月のD-Dayの12か月前に始まりました。

マルベリーハーバーとしても知られるコードネーム「マルベリー」は、600トンのコンクリートケーソンと英国のロイヤルエンジニアが製造したその他のコンポーネントで構成されるプレハブ構造でした。コンクリートセグメントと、希望のビーチでグーズベリー防波堤を形成するために沈められた古い船の組み合わせを使用して、2つの桑が作られました。各人工港内には、ほとんどの軍用車両に十分な幅の狭い道路を支えるために、ポンツーンと桟橋が敷かれていました。完了すると、桑の実は干潮から30フィート、満潮から10フィート上に伸びました。

革新的な計画は非常にうまくいきました。 D + 2から、エンジニアは港の建設を開始しました。港の建設は、長さ2マイル、幅1マイルでした。ポンツーンブリッジと桟橋の頭を支えるケーソンは、長さ200フィート、高さ60フィート、幅60フィートでした。 7隻の船が同時に荷降ろしでき、6月19日から50万人の軍隊と8万台の車両が人工港を経由して上陸したと推定されました。

しかし、6月19日から22日にかけて32ノットの風が吹く激しい嵐が、オマハビーチマルベリーを破壊し、ゴールドビーチのマルベリーを大破しました。しかし、アメリカのセクターの「マルベリーA」の部品は、「マルベリーB」の修理に使用されましたが、その一部はアロマンシュにまだ残っています。

この記事は、ノルマンディー侵攻に関する幅広い記事の一部です。詳細については、ここをクリックしてD-Dayの包括的なガイドをご覧ください。